Top-img01.jpg

2014年03月16日

◆Re:belle(リベル)ハーブピーリングは、再生美容の「ナチュラルハーブ療法」

Re:belle(リベル)は「美肌の自力再生」の「線維芽細胞増殖因子注入」において、
国内トップの症例数を誇る【ベル美容外科クリニック】が
監修・推奨している「ナチュラルハーブ療法」です。

機器を使わず、手技によりナチュラルハーブや有効成分を浸透させ、
同時に肌細胞の増殖因子を導入、代謝機能を促進します。

塗り込んでいるときに、ザラザラと砂を刷り込むような不快感を伴いますが、
毛穴から棘状成分(クリニックはトゲトゲと呼び、私達とお客様はジャリジャリと呼んでいます。)
を肌に送り込むため、異物が肌に侵入したと認識、それを追い出そうとして肌が活性します。
結果、3〜5日間というスピードで肌が再生され、場合によって自然剥離を伴います。


ハーブを使った肌再生療法は、決して目新しいものではありません。
数十年前から世界中のクリニックやサロンで行われている歴史ある療法です。
長期間、たくさんの人が施術を受けてきたということは、
それだけ安全性が確立されているということです。
いずれの場合も「剥かずに自然に剥がれる」という点では同じです。

では、なぜ今「Re:belle(リベル)ハーブピーリング」なのでしょうか?

まず、従来のタイプは肌に対する刺激の不快感が強いものでした。
日本人の肌が刺激に対して敏感なため、改良したものが望まれました。

そこで、リベルハーブピーリングでは、ハーブとチクチクする棘(とげ)、
ミネラルを小さくして毛穴から入りやすくしたために、低刺激になっただけでなく、
様々な有効成分の配合量を増やすことが可能になりました。

また、肌再生医療クリニックの技術を応用して、正常な肌細胞を増殖する因子を
肌に送り込むことで、表面の角質のみならず、肌の奥のコラーゲンやエラスチンが
増えることになるのです。
さらに安全な美白成分が加えられ肌の透明感が増しました。

こうして生まれた正常な肌には、必要な水分を貯え
美容液の有効成分を取り込むチカラがあります。

「まず新しい肌が作られ、古い肌細胞を押しのけるために剥けてくる」
「肌再生 × 繊維芽細胞を増やす」

これが、Re:belle(リベル)ハーブピーリングです。
posted by rebelle-mignon-sapporo at 15:04| ・再生美容の「ナチュラルハーブ療法」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする